【ドタバタチョコ大増殖!!】あらすじ
801期、某日ーーとある国で流行っているチョコレイトが商業棟に入荷された。
それは「マルピケチョコ」といい、「減らないチョコ」として話題になっておりその名の通り減らずに増え続けるのである。
まるでメメロのように衝撃が与えられると分裂していくため、運ぶ際には増えないようにとても頑丈なケースに入れて販売しないといけないのだが……商業棟の店舗に並べる際にそれは起こってしまった。
他のチョコと並べて陳列しようとしたためにいくつかのマルピケチョコが棚に並べられた衝撃で倍々に分裂。
さらにその分裂の衝撃で倍に、倍に、倍に、倍に。
商業棟からヘルプの連絡が来た時には商業棟はチョコだらけとなっていた。
商業棟のスタッフが申し訳なさそうに口開く。
「先生方に依頼をしましたので、よろしくお願いします」
数分後、教師からの指示は「手段は問わない。チョコを溶けて腐って臭くなる前に片付けろ」だった。
内容増えたマルピケチョコを食べたり箱に詰めたりして片付けるバレンタインネタです。
食べても詰めても無料!!チョコ食べ放題!(腐る前に)
マルピケチョコの形は正方形で色は通常の茶色です。
マルピケチョコの分裂の勢いに巻き込まれて他に陳列してあったチョコもチョコの山に埋もれています。
タグ#テトイ_ドタバタチョコ大増殖
注意公式様とは関係ありません。一参加者の提案です。

Wiki内検索

編集にはIDが必要です